« September 2006 | Main | September 2008 »

Oct 11, 2006

GT-Rと少年

とある晴れた日。
R君のメンテナンスをしていると、一人の少年が話しかけてきた。

「すみません、今何時ですか?」
古典的なナンパのようである。
年のころは中学生。自転車の似合う少年である。

時刻を聞いても少年は、立ち去ろうとしない。
『『まさか、カツアゲ(笑)』』

少年の眼差しはR君に向いている。
「これって、R32のGT-Rですよね?」
どーやら、車に興味があるらしい。

「車が好きなのか?」
「はい、GT-Rが大好きです」

はい、合格!

「ワインレッドって珍しいですよね、カッコいいです」

はい、合格!!

時間にして、20分ほど少年と会話を楽しむ。

いまどき珍しく、ミニバン等は興味がないらしい。

まだまだ、世の中捨てたもんじゃない。
こーして、走りに興味を持った少年がいるじゃないか。

免許取得まで5年、高校に進学したらバイト代を貯めて車を買うらしい。
もちろん【R32GT-R】だと少年は言い切った。

ナイス、志!!!

何か言いたげな少年の目。
なかなか言い出しづらい事らしい。

察したオイラから誘ってあげた。

『横、乗ってみるか』
「ハイッ!」

初めて乗るGT-Rがフルブ号。
感じた事のない速度とGを体に受け、少し驚きながらも目は輝いていた。


別れ際、
「僕が免許を取るまで、乗ってますか?」

「おう!」

「良かった。今日はありがとうございました。」


5年後、少年のGT-Rと遭遇する日を、楽しみにしてよう。

|

Oct 04, 2006

明日を信じて…

夜の環八、帰り道。

対向車線に赤色灯。

オイラ直進、奴右折。

両車が分離帯を挟み交錯する。

その時、歴史が動いた…

うぅぅぅぅぅぅぅぅ~~♪

国 『前のスカイラインの運転手さーん。
-------安全を確認して左側に停車してくださーい』

民 「んんんんんんん…俺か???」

近所にスカイラインがいない事を確認して、停車してみる。

民 「はて???、スピードも出してないし、なんぞや」

国 『お疲れサマー(^O^)』

民 「なんすかね~(-_-;)」

国 『今日は仕事の帰り(^-^)』

民 「はい…スピード出てましたか?」

国 『いやいや、ちょっと職務質問(^ ^)ゝ』

民 「は!?( ̄□ ̄;)!!」

国 『すいませんが、トランク開けて車から降りてもらえますか(p_-)』

停車した場所がマズかった…
駅に程近い、交差点…。
歩道には若干の人だかり…。

国 『運転席も覗かせてね(p_-)』

民 「…(+o+)」

国 『いやいや、ご協力ありがとうございました(^O^)ゝ』

民 「あの~何かしましたか…俺…」

国 『いえ、これは皆さんにご協力頂いてる事ですから』

民 「でも、わざわざUターンしてまで停めたでしょ」

国 『ほら最近、物騒な世の中じゃないですか。だからこーして時折ね』

国 『今日も、他県で刃物を使った事件がありましたし、ね』

民 「犯人はスカイラインで逃走してんの?」

国 『いえいえ、そーではありませんが』

国 『最近多いんですよ、銃刀法違反者が』

国 『いやいや、お手間取らせて申し訳ありませんでした、ご協力感謝します。』

国 『それでは、お気をつけて(* ̄0 ̄*) ゝ』

民 「ぽつーん(T_T)」

*皆さんにご協力~
*物騒な世の中~
*他県で刃物~
*銃刀法違反者が~

GTRに乗ってる俺が…
スピード違反でもなく…
整備不良でもなく…

刃物を振り回して、暴れそうな漢として職質されたのか…

GTRに乗ってるのに…
走り屋ではなく、無法者として…

あい びりーぶ まいせーるふ♪ しんじーることでー(ToT) by絢香


いかん(-_-;)
チョイ悪オヤジになりたかったのに、このままじゃ極悪オヤジではないか…

そりゃ~一部ではチャイニーズ○フィア風なんて噂もありますが。。。

俺は、ニュル城ではなく、九龍城を目指すのか…

|

« September 2006 | Main | September 2008 »