« 祝!新年 | Main | 鯨ではなく、鯱である »

Jan 08, 2006

スープラを語る

今日はコノ車に遭遇しました。
A40
初代、セリカXXですね。
1978年から生産された、セリカのスペシャリティです。

当時小学生だったフルブは、近所の社員寮の庭で、「ドロケー」に明け暮れる少年でした。
その駐車場に停まっていたのが、白のコレ!
「おっ!ガンダムっぽい」
これが第一印象(笑)

アメリカ市場を狙った、トヨタのグランドツーリング。
M型エンジンを積んだ、A40、50系。

そして時は流れて1981年。
2代目となる、A60系。
ご存知、「セリスーさん」の愛機ですね。

フルブがRX-7に乗っている頃、仲間が乗っていました。
こんなやつの黄色↓
A60
こてこての族車だね、こりゃ^_^;
当時、セリスーさんが見たら怒りそうだな…

そして、昔の愛車だった、A70。
現在の相棒のA80。

名前こそ「セリカXX」から「スープラ」に変わっていますが、型式はしっかり引き継いでいます。
仮にトヨタさんが次期スープラを出したとして、型式がA90でない限り、それは純血のスープラではないですね。


|

« 祝!新年 | Main | 鯨ではなく、鯱である »