« November 2005 | Main | February 2006 »

Jan 17, 2006

惚れた-2(*^_^*)

最近、国産に興味がなくなっていく自分がいます…

「clk_dtm.bmp」をダウンロード

どーして日本のメーカーは、こんなクルマを作ってくれないのかしら?

カタチだけでもいいですよ。チューニングは各自で行いますから。

オイラが磨きたくなるよーなクルマを作ってくれー(T_T)/

|

Jan 15, 2006

惚れた(*^_^*)

tail

なんだか、ウチの八十吉にヒップラインが似てませんか?
親の欲目かorz

このテールを使いたい。

やっぱり、マラネロのASSYは高いかなぁ~

|

Jan 09, 2006

好色旗本奴

3インチフルハーネスの登場です(^O^)
200601091300

3インチの幅広ベルトは、体に食い込む事も少なく、加減速Gからガッチリ体をホールドしてくれます。
サベルトやタカタの製品だと、¥3万~とかしますね。でも、そんなにブランドが大事でしょうか?
確かにFIA公認のお墨付きですが、走行会レベルには全くそのお墨付きは不必要なわけで。

FIA公認レベルと同等の剛性・強度が確保されていれば良いわけで。

それにこのベルト
200601091301
ロータリーバックルです(^^)
取り外しが楽なのもさる事ながら、装着する際カチカチしてるとやる気が湧いてきます。。。

何よりも「パープル」ってところがまた^_^;

しかし、ノーマルシートじゃシックリ来ませんな。
諸般の事情がある方々なら仕方ありませんが、オイラに事情は皆無。

若い衆に本気をしめす為にも、入れるしかありませんな(* ̄0 ̄*)b


|

鯨ではなく、鯱である

「The Sports of TOYOTA」の称号を受け、1993年にデビューした2代目スープラ。
トヨタさんもかなり力を入れて開発したそーです。

トヨタ車トップレベルのボディ剛性を誇るスープラは、時速300km走行時の直進性を考えて設計されているそーで。
大きく見やすいスピードメーターは、ドイツでは250kmで巡航する事を考えて取り入れたそーで。
グラマラスなボディは、高速時の空気抵抗を極限まで考えているそーで。

ココまで見ていくと、先祖代々からのアメリカンGTの色が抜け切れず鯨かな?と思いますが、

更に、高速直進性を追求すればするほど、サスペンションの役割が重要で。
結果リアサスの動きが煮詰められ、コーナリング性能も向上したと。
ほぼ理想的な重量配分53対47も手に入れたと。
サーキットアタッカーとして、十分なポテンシャルを持っていると。

「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とゆー名ゼリフもココから生まれたと。。。

それと、電子デバイスに頼らない古典的な大排気量FR。
電子制御に頼らずに人間の感性に拘った開発陣。手間暇かけて完成させたんでしょうね。
だから、安価な足廻りを入れるぐらいなら、ノーマルの方が偉いって事ですな。

だから、「鯨ではなく、鯱である」と言いたいわけですよ。
まぁ、そんなに大差ないですが…

|

Jan 08, 2006

スープラを語る

今日はコノ車に遭遇しました。
A40
初代、セリカXXですね。
1978年から生産された、セリカのスペシャリティです。

当時小学生だったフルブは、近所の社員寮の庭で、「ドロケー」に明け暮れる少年でした。
その駐車場に停まっていたのが、白のコレ!
「おっ!ガンダムっぽい」
これが第一印象(笑)

アメリカ市場を狙った、トヨタのグランドツーリング。
M型エンジンを積んだ、A40、50系。

そして時は流れて1981年。
2代目となる、A60系。
ご存知、「セリスーさん」の愛機ですね。

フルブがRX-7に乗っている頃、仲間が乗っていました。
こんなやつの黄色↓
A60
こてこての族車だね、こりゃ^_^;
当時、セリスーさんが見たら怒りそうだな…

そして、昔の愛車だった、A70。
現在の相棒のA80。

名前こそ「セリカXX」から「スープラ」に変わっていますが、型式はしっかり引き継いでいます。
仮にトヨタさんが次期スープラを出したとして、型式がA90でない限り、それは純血のスープラではないですね。


|

Jan 02, 2006

祝!新年

あけましておめでとうございますo(*^▽^*)o

昨年は、沢山のGTRunnerの方々とお会いできて、楽しかったです。

今年はどーしようと、考えながらこんなことしました↓(笑)

muhuhu2

ガンプラ小僧の本領発揮といったところでしょうか( ̄~ ̄)
我ながらかなりの出来栄え。

muhuhu

皆さんのカーライフが、楽しい一年になりますように(*^_^*)


|

« November 2005 | Main | February 2006 »